8月7日~18日 高校生国際美術展受賞
 
 2019年8月7日から18日まで、港区六本木にある国立新美術館にて第20回高校生国際美術展が開催されました。
 この公募展は主催がNPO法人世界文化振興協会、後援には文化庁、総務省を始め、東京都教育委員会、13の府県、21の海外大使館、交際交流関係の協会、全国高等学校美術工芸教育研究会があり、全国の高校生対象に公募され、イギリス、中国を始め19か国の高校生の代表が招待、展示される大変規模の大きい公募展です。
 本校では、美術工芸部員13名が公募出品し、内3名が入賞しました。特に3年次生熊坂詩織さんと、2年次生岡村燿さんが、奨励賞を受賞し、国立新美術館に展示されるとともに、8月7日に港区のリッツ・カールトン東京で表彰式が行われ、ご家族とともに受賞の2名が参加、改めてその受賞の喜びを実感することができました。




受賞作「私と母のコートと私室」F50号油彩についてのコメント
『時間を掛けて描いた作品が評価されて、とてもうれしいです。初めて50号という大きなキャンバスで描いたので苦戦もしましたが、自分風の味をしっかりと表現できたように思います。今回の作品を通して得た経験を活かし、これからも精進致します。』
22期生 熊坂詩織