8月2日~4日 夢描創銀座
 
 NPO法人センター・オブ・ジ・アーツ主催、中央区共催、中央区PTA連合会及び全銀座会(折り鶴ウェーブ)後援で、令和元年8月2日から4日まで、銀座二丁目の銀座伊東屋さん地下1階インスピレーションホールに於いて、「夢描き夢創る銀座」が開催されました。未来を担う子供たちが、キャリアデザインへの最初の一歩として、夢を描き夢を創るイベントです。本校の美術工芸部が装飾作成から参加したり、ボランティア部が当日の運営のお手伝いをしたり、大人に混じりイベントの開催に関わりました。





 美術工芸部1年次代表 木村真桜
 都立晴海総合高校美術工芸部として、中央区の小学生の皆さんの夢のメッセージの展示物を、美術室で2年次の先輩にも手伝ってもらい作成しました。その後ボランティアとして、銀座二丁目の伊東屋さんでの展示作業に行き、多くのことを学ぶことができました。1年次生だけでの合同作業、初めての校外での作業、そのため最初はとても不安でした。しかし、チーフの白井さんとの作業を進めていくうちに慣れていき、現場でスムーズに作業ができてきて、とても良い経験となりました。この先、このような美術工芸部だから協力できる機会があれば、この経験を生かしていきたいと思います。本当に充実したよい機会を与えて下さりありがとうございます。美術工芸部一同、これからも頑張っていきます。

ボランティア部生徒の感想文はこちら